フリーター脱出のために就職活動
フリーター就職支援 > 女性フリーター就職 > 27歳、28歳 職歴なし 女性フリーター就職

27歳、28歳 職歴なし 女性フリーター就職


職歴なし 女性フリーターの就職

27歳、28歳 職歴なし 女性フリーターの就職活動

女性フリーターの方が正社員就職を目指す場合、職歴なしの経歴に不安を覚えてしまう方も多いと思います。

加えて年齢です。

20代はまだまだ就職しやすい年代、とはいえ男性フリーターの就職率と女性の就職率を比べると、女性の方が就職率が低く厳しい状況と言えます。

30代に入ると就職率は20代と比べて半分程度になるとも言われています。

30歳を区切りの年齢として考えている女性も多いと思います。

27歳、28歳となると女性に限りませんが、やはり正社員として働く事について考える方は多いのではないでしょうか。

職歴なし、フリーターから正社員就職するには、20代は有利な年代です。

20代後半から就活に取り組んで、正社員就職に成功したフリーターはたくさんいますよ。

20代の間に正社員就職を成功させたい女性フリーター向け、就職活動の方法にはどういったものがあるでしょうか。

女性フリーター向け求人が多い就職支援サービスがオススメ

20代後半は、少しずつ未経験OKの正社員求人が減ってきてしまいます。

未経験歓迎の正社員求人が減る年齢の区切りとして、

25歳、27歳、29歳

とよく挙げられますが、最も求人が減るのは29歳を超えたタイミングです。

30歳になると、人手不足とはいわれていますが就職の難易度は一気に上がると言って良いでしょう。

就職活動の方法は今はいくつもあります。

ご自身に合う就職活動の仕方を選ぶ事が重要なのですが、多くの女性フリーターにオススメなのが就職支援サービスの活用です。

女性向けの職種、求人の取り扱いも多い就職支援サービスの活用が良いでしょう。

⇒ DYM就職

⇒ 女子カレッジ(ジェイック)

⇒ ハタラクティブ

などをオススメしています。

27歳、28歳といった20代後半の女性フリーターOKの正社員求人も多数見つける事ができます。

女性フリーターが正社員就職するポイントは、

働き方

だそうです。

就職エージェントの方にお話を聞きましたが、やはり仕事に対して労働時間、絶対残業はしたくない、といったような条件を付けてしまうと、紹介できる求人がどんどん難しくなるそうです。

フルタイムで正社員を希望し、職種はあまり限定せず。
求人を紹介されてから仕事、働き方について情報収集をしてみても良いのでは、と思います。

未経験歓迎の正社員求人ばかりを扱っている上記のような就職支援サービスの活用によって、効率良く求人情報を得て、就職活動をすすめていくことができるはずです。

面接対策などもしっかりサポートしてくれます、万が一不採用になってしまった場合でも不採用の理由を企業側に確認してくれます。

一人で就職活動をしているデメリットとして、

不採用の理由が分からない

といったものもありますよね。

就職支援サービスの活用により、不採用になったときこそ改善ポイントが分かります。

それを活かし、次の面接では上手くいくように面接対策を行っていくことができます。

20代後半、フリーター女性の悩み

フリーター女性の就職への悩み
20代後半、フリーター女性が就職を考える際に悩む事、将来の悩みなども増えてくる方は多いと思います。

30歳を一つの区切りとして考える女性も多いと思います。

将来の事は分からない部分もありますが、結婚のこと、出産のこと。
自分の体力的な問題、親の介護の事。

もちろん、経済的な面も心配になることもあると思います。

フリーターと正社員では稼ぐ事が出来る生涯賃金に大きな金額差があります。

フリーターの生涯賃金ですが、7,000万円~8,000万円と言われることが多いですね。
それに対して、女性が正社員として大卒として働いた場合には生涯賃金は約2億2千万円ほど、と言われています。

その差は歴然です。

20代後半からの正社員就職となりますから、そこまで生涯賃金の金額差は大きくはならないかもしれませんが、それでも2億円近い金額差にはなるのではないでしょうか。

将来の家族状況などは分からないですが、もし一人で生活していくことになった場合を考えると、やはり正社員就職をして安定収入を得られるようにしておく事は大切ではないでしょうか。

20代後半、就活で重要なこと

20代後半、フリーターから正社員を目指す場合、20代前半とは違う就活の仕方が大切です。

自分自身では20代後半とあまり気持ちの面や考え方などが変わっていないかもしれませんが、就活においては企業が求職者に対して考える事、20代前半と20代後半ではやはり違いがあります。

20代前半はとにかく職歴なし、業務未経験であっても、企業研究をした上でヤル気、熱意をしっかりと伝えることで十分に採用してもらえる可能性があります。

未経験から就職を狙うことが出来る求人も多いため、かえって選択肢が多くて迷ってしまうかもしれません。

「何が自分に向いている仕事なのだろう?」

しかし20代後半ともなると、企業としてはヤル気や熱意だけで採用するのは難しい、と考えるようになってきます。

年齢相応の社会人としてのマナー、30歳を前にして将来のビジョンなども知りたいと考える事が増えてきます。

年齢的にスタートが既に遅く、仕事をしていく上でハンデになっていますから積極的に勉強が出来る人を採用したい、など条件が増えてくる傾向もあります。

年齢が上がることによって、準備もそれまで以上にしっかりとすることが求められると言えます。

アルバイト経験でも構いませんから、その仕事を通して身に付いたこと、経験からどんな風に
仕事に取り組んでいきたいか、将来の目標などをアピールすることが大切となってきます。

不採用が続く方は、就職活動の進め方で少し方向性がズレている可能性もあるかもしれません。
アピールが足りていない可能性もあります。

そうした時、就活についてアドバイスをくれるような存在がいると、壁にぶつかって止まってしまう事を避けやすくなります。

20代の間に就職成功するには、一人で悩まない事が大切!

フリーター向け就職支援サイト
フリーターから正社員を目指して就職活動をする際、探し始めてすぐスムーズに内定がもらえる人は本当にレアです。

多くの場合、就職活動がうまくいかず、悩み・迷ってしまって就活を止めてしまうケースも。

28歳など年齢を考えると、あまり立ち止まっている時間は無いという女性フリーターも多いのではと思います。

30歳にフリーターのまま突入すると、30代もそのままフリーターという可能性が高くなってしまいます・・・。

今は書類選考無しで面接を受けられる就職支援サービスも増えています。

先ほどご紹介した中では、

・DYM就職
・ジェイック

などは書類選考無しで面接が受けられますね。

こうしたサービスを上手く活用して、就職活動が有利に進むようにするべきかなと思います。

今までの経歴を見られると、どうしても書類選考で落ちる事が多くなってしまいます。

確実に面接に進めて、仕事への熱意や志望動機を伝えられるのは大きなメリットです。

それに、就職で迷ったり悩んだりしたときも、経験豊富なアドバイザーに相談をする事が可能です。

一人で悩んで就職活動が止まってしまう、といたことを避ける事が出来ます。
これも、就職支援サービスの活用のメリットといえますね。

いずれも手厚いサポートが特徴の就職支援サービスとなります。

女性が希望される事が多い業界・職種の求人も多数あります。

20代後半、女性フリーターの就職活動にもこうした就職支援サービスの活用をオススメしたいと思います。

⇒ 女性フリーター向け求人が多い就職支援サービスがオススメ




キーワード