20代後半 女性フリーター 正社員就職
フリーター就職支援 > 女性フリーター就職 > 20代後半 女性フリーター 正社員就職するには

20代後半 女性フリーター 正社員就職するには


20代後半 女性フリーター就職

26歳、27歳、28歳、29歳。女性フリーターの就職

そろそろフリーターから正社員にならないとマズいかも

フリーターになった理由も色々とあると思いますが、なんとなく続けてきたフリーター生活も急に将来の事が心配になったり、親から言われた言葉がきっかけで正社員就職を目指したり、といった女性フリーターの方も多いと思います。

久しぶりに会った高校や大学の友達は正社員としてイキイキ働いている事に刺激を受けたり、収入が自分とは違う事に改めて気づいて焦りを感じたり、といった事もきっかけになるかもしれませんね。

20代後半、女性フリーターの方も正社員就職することは可能です。

自力での就職活動で内定を獲得される方もいるのですが、多くの方は苦戦する事が多いでしょう。

なかなか内定がもらえなくて・・・書類選考も通らない。
と諦めてフリーター生活に戻ってしまう可能性もあります。

フリーターから正社員就職を目指す方法として、今最もオススメなのはフリーターに特化した就職サイトを活用する方法です。

27歳、28歳、29歳から就活を始めてもまだ間に合います。

職歴なし・社会人経験なし、という女性フリーターの方も多いと思いますが、この後ご紹介するフリーター就職サイトを活用する事で、短期間で自分に合った仕事が見つかる可能性が高いです。

その前にお金の事。

フリーターから正社員を目指す方の多くは、収入、年収の差も気になっていると思います。

フリーターと正社員の生涯賃金について、みていきたいと思います。

フリーターと正社員では、生涯賃金の差が非常に大きいです。

私も見たときはびっくりしました。

女性 フリーターと正社員、生涯賃金の差

例えば、フリーター女性が1ヶ月10万円稼ぐとします。
20歳~60歳まで頑張ってアルバイトを続けたとして生涯賃金は4,800万円です。

フリーターの生涯賃金に対して、

大学を卒業し、同一企業で60歳で退職するまで正社員として働いた場合、女性の生涯賃金は約2億4,000万円

高専・短大卒の場合には生涯賃金は約2億1,000万円。

高卒の場合には、生涯賃金は約1億9,000万円。

となります。
(ユースフル労働統計 2017より)

いずれもフリーターの生涯賃金と大きな差があります。
勤務する企業の規模、賞与・年収などによっては2億円以上の差になることも考えられますね。

将来もらえる年金の金額

さらには、退職後の生活にも大きな差が出ます。

フリーターは「国民年金」への加入となります。
正社員は「厚生年金」への加入となります。

そして、貰える年金は以下のようになっています。

国民年金 ⇒ 老齢基礎年金
厚生年金 ⇒ 老齢基礎年金 + 老齢厚生年金

とても簡単にいうと、厚生年金の方がたくさん年金が支給されます。

国民年金だけでは、生活が非常に苦しいです。
現状、20歳から60歳までしっかり保険料を支払っても、月額で約6万5千円の支給となっています。

たぶん、生活出来ませんね。。

そうした事も含めて、正社員として早く始める事は将来の自分の生活にとっても、大切な事といえます。

こうしたお金の情報も、フリーターから正社員就職するためのモチベーションになる方も多いと思います。

20代後半 女性フリーター 正社員就職するための就職サイト

20代のフリーターに特化した正社員就職支援サイトをご紹介しています。

20代後半、フリーター女性も多く利用して正社員就職に成功しているということですから、仕事探しをされている女性はぜひ活用してみてください。

早く正社員になりたい場合もオススメ

20代後半、早く就職先を決めたいというフリーターの方もいると思います。

就職活動が長引くと、バイト先のシフト調整も面倒ですし収入減も痛いですけれど、精神的にも仕事が決まらない事が辛いですよね。

不採用が続くと、気持ち的に辛くなります。

中でも書類選考で落ち続けると、面接にも辿り就けない・・・と時々本気で落ち込んでしまいます。

就職支援サイトを利用した場合、タイミング良く自分に合った求人、会社が見つかった場合には1週間ほどで就職が決まることも少なくない、ということです。

実際、そうした短期間で正社員就職に成功した事例は、各社持っているそうですから、気になる方は面談時にコンサルタントに聞いてみても参考になると思います。

女性向け求人を多く保有するオススメの就職支援サイト

就職支援サイトの中でも、女性向け求人を多く保有するオススメの就職支援サイトをご紹介しています。

書類選考無しで面接が受けられる就職支援サイトも多いので、活用されてみてはいかがでしょうか。

書類選考無しで面接が受けられるのは、次の就職支援サイトの中では、DYM就職、就職shop、ジェイックです。

⇒ DYM就職

⇒ 就職shop

⇒ 女子カレッジ(ジェイック)

⇒ ハタラクティブ

などがあります。

フリーター向け就職支援サイトを利用するメリット

こうしたフリーター向け就職支援サイトを利用するメリットは、

・きちんと取材に行っている企業を紹介してくれるので、ブラック企業を避けて就職活動ができる

・応募前に職場の雰囲気、人間関係などを知る事ができる

・女性が働きやすい職場かどうか分かる

・女性歓迎の求人が見つかる

などがあります。

女性が働きやすい職場環境、これって企業ごとに大きな差が出る部分ですからね。

長く正社員として働く事を希望されているフリーター女性も多いと思います。

将来的に結婚・出産という一大イベントを迎える方もいると思いますので、産休・育休制度の有無、取得実績なども応募前に確認をされると良いかもしれませんね。

結婚・出産時に退職してしまうと、それまでの職種や経験にもよりますが、正社員として復職するのが難しいケースも多いです。

正社員としてキャリアを続けやすい職場へ就職する事も、女性にとっては大切な職場選びのポイントとなるのではないでしょうか。

20代後半、成功率の高い就職活動を

20代後半、特に28歳、29歳の女性フリーターの方にとっては、30歳を区切りに考える方も多いと思います。

実際、30歳を過ぎると未経験OKの正社員求人ってとても少なくなってしまいます。
事務職など希望されている場合には、かなり厳しいです。

未経験者を採用するなら20代まで、という企業が多いため30歳を前に正社員を目指される事をオススメします。

20代であればまだ、職種を選びやすい状況があります。

就職支援サイトを利用した場合、最終的には諦めずに就活をした方のほとんどが就職先が決まるそうです。

成功率80%!といった事がよく書かれていますが、途中で利用を辞めてしまったりした方が残りの%になっているなどのようです。

諦めずに就活した人は、ほとんど就職が決まるとは多くのコンサルタントの方が言いますね。

20代後半だからこそ、成功率の高い就職活動をオススメしたいと思います。

⇒ 女性向け求人を多く保有するオススメの就職支援サイト




キーワード