フリーター就職するには
フリーター就職支援 > 20代フリーター就職 > 20代後半 フリーター就職

20代後半 フリーター就職


20代後半 就職

20代後半 フリーター就職で重要なポイント

20代後半の就職活動は失敗できません。

経済的な面や、年齢的な焦りなどから自分に合っている企業に就職出来なかった場合、入社1年目に早期離職といったリスクも考えられます。

長いフリーター歴あり20代後半、早期離職の職歴となってしまうと次の就職先を見つけるのはとても大変です。

脱フリーターを目指すのであれば、しっかりと情報収集を行って自分に合った仕事、会社を見つけて就職先を決める事をオススメします。

そのためには、就職活動を行う前の「自己分析」として、実際に正社員求人を探したい、企業研究のための情報収集はとても重要となりますね。

20代後半から正社員就職をしても、まだ30年以上、将来的には老後はさらに年齢が上になる可能性もありますから40年など働く必要がありそうですよね。

20代後半で就職できなければ、30代にフリーターや非正規社員、もしかすると無職のまま突入する可能性もあります。

30代で正社員就職を目指すのは、非常に大変です。

31歳、34歳などで職歴未経験から応募可能な正社員求人を、そもそも見つけられなくなってしまうためです。

営業職、工場系の仕事など一部では30代の未経験者が応募可能な求人も見つけることは出来ますが、職種を選ぶと言った事は、かなり難しくなります。

20代後半はまだ正社員就職を目指すにあたり、職種を選ぶ事は出来る年代といって良いでしょう。

自分の仕事をある程度選びたい、少しでも自分に合った興味のある仕事に就きたいというフリーターの方は改めて、本気で就職活動に取り組んでみてはいかがでしょうか。

20代向け 就職支援サイトの活用

20代後半から正社員就職を目指すのは、正直なところ簡単では無いです。

今までに就職活動をした経験がある、というフリーターの方も多いと思いますが内定はもらえなかった・・・という方も多いのではないでしょうか。

自力での就職活動に取り組まれた事がある方も、就職活動は初めてという方も。
もしかすると、以前、就職エージェントを利用して就活をしたことがある方もいるかもしれません。

その場合には、他の就職支援サービスを利用されることもお考えになってみてください。

フリーターから正社員になるための就活方法として、サポートを受けられる就職支援サービスの活用がオススメです。

内定率の高い就職活動をしたい場合には、就職支援のプロのサポートを受けながらの就活がやはり内定への近道といえるでしょう。

「やりたい仕事」がなくても、就職に関して相談をしながら自分に合った仕事を探していくことが出来るのも、利用するメリットですよ。

DYM就職

DYM就職

就職相談からの成功率96%!高い就職率となっているのがDYM就職です。

カウンセリングに時間をかけ、しっかりとマッチする仕事、会社を紹介する事に力を入れている事から高い就職率となっているといって良いでしょう。

DYM就職では書類選考なしで面接を受ける事が出来ます。

【会場】東京、大阪、名古屋、福岡、札幌、仙台、広島

⇒ DYM就職

ハタラクティブ

未経験から正社員就職を目指す方に幅広くサポートしてくれるハタラクティブです。

既卒フリーター、大学中退者、ニートの方なども正社員就職支援を利用する事が出来ます。

ハタラクティブは希望勤務地が一都三県・関西の方が利用可能です。
地方にお住まいの方でも、就職活動をサポートしてもらう事ができます。

【対応エリア】東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪

⇒ ハタラクティブ

就職shop

リクルートグループが運営する若者向け正社員就職支援サービス、就職shopです。
幅広い業界・職種の未経験OKの正社員求人があります。

就職先となる業界・職種の多さは、就職shopの魅力となっています。

ソフトウェア・ネットワーク、サービス・販売、電気・電子・機械など就職先として興味のある方は相談をしてみてはいかがでしょうか。

【対応エリア】東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、兵庫、京都

⇒ 就職shop

ジェイック

ジェイック

フリーター、既卒、大学中退、ニートなど未経験から正社員就職を目指す方へ、就職成功率80.3%、入社後定着率90%以上のジェイックです。

他の就職支援サービスは利用出来るエリアが限定されてしまう事が多いのですが、ジェイックは拠点が多いですし、期間限定で拠点が無い地方都市でも就職支援サービスを行っています。

就職活動が全くのゼロからであっても、しっかりとビジネスマナーなどを身に付け、就職成功に向けて仕事探しをする事が出来ます。

【対応エリア】東京、千葉、神奈川、埼玉、愛知、大阪、兵庫、福岡/北九州 期間限定で京都、仙台、札幌、石川、広島、山口、熊本など(最新情報をぜひご確認ください)

⇒ ジェイック

20代後半フリーター、正社員になるのが難しい理由

職歴なし・社会人未経験、といったフリーターの方の就職活動は20代前半が有利です。

しかし、既に20代後半という年齢になってしまっている場合、事実は変えられませんから少しでも早い就職を目指していく必要はあるかなと思います。

20代後半フリーターが正社員になるのが難しい理由はいくつか挙げられます。

フリーターは中途採用への応募となりますが、その際、

「年齢的に考えて、20代後半よりも若い人材が応募してきたら若い人を優先したい」

という考え方をする企業が多い事は大きな理由といえます。

中途採用求人への応募の場合には、他にも多数の応募者がいる事が普通ですから、どうしても比較をされます。

年齢、経歴、ブランク期間、志望動機など、様々な事柄を人事担当者は比較しますが、最初に見るのが「年齢」という人事担当者は非常に多いです。

20代後半に突入している場合、それをカバーするためにもより自己分析をして、企業研究をして、しっかりと志望動機を作るといった事が重要となります。

求人の探し方として、職歴なし・社会人未経験OKの求人を中心に情報収集する方法もオススメです。

⇒ 20代向け 就職支援サイトの活用

で20代フリーター向け就職支援サイトをご紹介していますが、こうしたエージェントからのサポートが受けられる就職活動の仕方が内定率が高いのでオススメとなります。

20代後半、これからさらに年齢が上がると就職が難しくなってきてしまいます。

就活を頑張っているのに不採用が続く・・・といった場合には、就職活動の仕方を少しずつ変えてみることもオススメです。

20代後半 職歴なし・未経験から就職するために

20代後半の就職活動は、20代前半とはまた違う事が企業側から求められる事が多いです。

20歳前後、20代前半であれば、まだまだ確かに若いですから「やる気」「熱意」「素直さ」といった部分が重視され、ポテンシャル採用が基本です。

20代後半になると、「やる気」「熱意」「素直さ」と言った事に加えて、将来のビジョンであったり、今までのアルバイト経験で何を得てきたのか、といった事も問われる事が多いといえます。

面接にあたっては、採用担当者としても「年齢相応に答えて欲しい」という事はやはりありますからね。

しっかりと自己分析を行い、企業研究を行って面接対策をする事がとても重要といえます。

自分では面接対策に不安がある・・・といった方も、上記でご紹介したような20代フリーター向け就職支援サービスの活用をお考えになってみてください。

面接で確実にされる質問に対しての受け答え、模擬面接などの対策をアドバイスを受けながら行う事が出来ます。

もちろん応募可能な未経験OKの正社員求人も多数紹介してくれますので、効率良く就職活動を進めて行くことが出来ますよ。

20代後半、ブランク期間が長いフリーター・ニートの就職活動

年齢が上がると、下がる就職成功率
フリーター期間が長いと、就職率が下がります。

少し前の調査結果となるのですが、厚生労働省の調査で、「フリーター期間別にみた正社員になれた者の割合(20~29歳)」を引用してみたいと思います。

男女合計のデータは、

6ヶ月以内:64.0%
7か月~1年:58.3%
1年~2年:52.2%
2年~3年:58.9%
3年超:48.9%

引用元は、厚生労働省 若年者雇用を取り巻く現状」
(pdfファイルにリンクしています)

となります。

また他の最近の調査ではフリーターの平均年齢が上がっていることも分かっています。
20代後半から30代フリーター層が増えているんですね。

30代になると、就職率がさらに悪くなります

応募出来る求人数も減りますから、さらに就職できない可能性が高まってしまい、最後は就活を止めてしまう。
そんな流れも見えてきてしまいます。

20代後半は、そうした30代の就職活動の厳しさを考えると、まだまだ就職先が探しやすい年代といえます。

だからこそ、早い時期に就職をした方が良い、ということがいえるのです。

幸い、29歳までは利用可能な就職支援サイトが多数あります。

情報収集から利用する方法でも大丈夫ですから、実際にどういった求人の紹介が受けられるのかといった相談からスタートされることもオススメです。

20代後半、就職が本当に厳しくなる年齢は?

20代後半、とはいっても年齢の幅がありますよね。

26歳と29歳のフリーターやニートの方を比べると、就職が難しいのは29歳の求職者といえます。

職歴なし、社会人未経験といった求職者の方が就職を考える場合、本当に就職が厳しくなる始める年齢は一体何歳からなのでしょうか。

未経験OKの正社員求人、ということで考えると求人が減り始める区切りの年齢は【27歳】といえます。

その後、30歳を迎えると応募可能な正社員求人がさらに減少する事から、就職が本当に厳しくなるということであればやはり【29歳】ということになるでしょうか。

ただし中途採用の場合、さらに社会人未経験といった場合には採用してからの研修期間なども必要になります。
職場の年齢構成として、上司が年下になる可能性もありますね。

そういったこともあり、

未経験者の採用は若い方が良い

と考える企業は多いといえるでしょう。

就職エージェントの話では、多くの企業からのニーズとしては未経験者は20代まで、ということですから29歳までは実際に就職先は見つかるケースは非常に多いということですよ。

30歳以上は利用できない就職エージェントが増えることからも、30代フリーター・ニートの就職が厳しい事は予想できます。

実質的には29歳までは就職はしやすいといえますが、職種などの選択肢は年齢が上がるとともに狭まってくると考えて良いでしょう。

20代後半の就職。

今の年齢が一番若い

ということになりますから、正社員就職を目指しているフリーターの方は、様々な手段を活用して、正社員になることを目指してみてはと思います。

その中で、成功率が高い就職活動の方法として、

⇒ 20代向け 就職支援サイトの活用

をオススメしています。




キーワード