20代後半、就職するには
フリーター就職支援 > 20代フリーター就職 > 20代後半 フリーターから正社員就職するには

20代後半 フリーターから正社員就職するには


20代後半 フリーター就職

20代後半 フリーターの就職活動

20代後半、就職したいフリーターの方向けに、

内定率が高い就職活動の方法

について掲載をしています。

男性フリーターも、女性フリーターも。
職歴なし・未経験から正社員就職するのは、売り手市場と言われる現在も大変です。

売り手市場なのに就職が決まらない・・・
と悩んでいる方もいるかもしれません。

売り手市場なのは新卒が中心で、中途採用はキャリア転職組です。

職歴なし・未経験といった既卒、フリーター、ニート、大学中退者の就職に関しては、依然として厳しさはあります。

気付けばもう20代後半

以前はあまり気にしていなかった30歳も意識する事が増えてきて、30代を前にフリーターを続けていく事への不安から、就職活動を始める方も多いと思います。

苦戦する事が多い20代後半、フリーターの就職活動。

どういった就活の仕方をすると、少しでも効率良く「未経験OKの正社員求人」を集め、書類選考をパスし、面接準備を進める事が出来るでしょうか。

ハンデがある就職活動となりますので、上手くいかないと就職活動が長期化する可能性もあります。

1年以上、自力での就職活動をしていたけれど内定がもらえなかった

という方もいます。

厳しい20代後半の就職活動

20代後半の就活は、20代前半と比べて難しくなります。

就職や転職においては、求職者に対しては年齢相応を求める企業が多いためです。

未経験者を中途で採用するにしても、すぐに戦力になるわけではありませんからね。

中途採用後、仕事を覚えて活躍できるまでの期間がさらに1年、2年とかかることが普通です。

そうした中途採用者が戦力として期待出来るまでの教育期間を考えた場合、企業としては出来るだけ若い人材(20歳~25歳など)を優先して採用したい、というのも仕方がない面もあります。

そのために年齢が高い求職者の方は、書類選考の段階から厳しく見られる事が多くなってしまいます。

職場によっては上司や先輩社員の方が若い、といった現象も起こります。

指導しやすさを考えても、若い人材の方が良いのでは、という傾向はあります。

色々な面で不利になりがちな20代後半、職歴なしからの正社員就職、どのように進めると良いでしょうか。

20代後半 職歴なし、正社員就職を目指すには

スマホから求人を比較
20代後半、職歴なしフリーターが正社員就職を目指す場合、どこで求人を探すかが最も重要と言って良いでしょう。

さらには27歳、28歳、29歳などフリーター歴が長い人、年齢が上の人の場合、面接でも厳しめな質問がある事が予想されます。

しっかりとした面接対策、確実にされるであろう質問に対しての答えの準備、などは必須です。

でも、自分一人で就職活動をしていると、面接対策には限界がありますよね。

「全然予想していなかった質問が来て、喋る事が出来なかった・・・」

といった経験のある方も多いのではないでしょうか?

受け答えが出来なかったり、的外れな答えをしてしまうと当然、結果は不採用・・・。

20代後半の就職活動は、それまで以上にしっかりとした準備が大切といえます。

職歴なしである事は確かに不利ですが、過去は変えられません。
(バレないだろう、と職歴を変えて書くのは職歴詐称です。解雇などのリスクがあります)

その上で、正社員就職の可能性を上げる事が出来る就職活動の方法を選択することが重要です。

そこで利用をオススメしているのが、

⇒ 20代向け 就職支援サイトの活用

です。

30代になるとさらに就職の難易度が高くなります。

30歳を超えて職歴なしからの就職の場合、もう職業として選択の余地はほぼ無いエリアも多いですし、求人自体も見つからない可能性もあります。

そうなる前に、まだ20代の間に、正社員就職を成功させましょう。

ご紹介をしました就職支援サイトは無料で活用する事が可能です。

利用可能なエリアにお住まいの方は、ラッキーと思って気軽に利用されてみてはいかがでしょうか。

地方都市にお住まいになっている方の中には、どうしても利用が難しい場合もありますからね。

20代後半 資格取得してからの就職は間合う?

就職のために資格取得を考える方もいると思います。

目指す職種によっては、資格取得をしなければ難しい場合も確かにあります。

医療事務、調剤事務、社労士など国家資格が必要な職種など、目指したい場合には勉強しなければなりません。

しかし、一般的な職種で正社員就職を目指す場合には、資格取得の期間と自分の年齢を考える事が必要です。

20代後半、28歳、29歳といった年齢から改めて資格取得を目指し、資格取得後に就職活動をする場合にはその間に年齢が上がっている可能性もあります。

資格を取得したからといって確実に就職出来るという保証は残念ながらありません。
それ以前に、合格率の低い資格を目指す場合には落ちる可能性があります。

さらに実務で評価の高い資格って、実はそれほど多くもないのです。

面接でも、

「資格持ってるんだ、努力しましたね・・・」

で終わってしまう可能性もあります。

もちろん知識はあり、と評価はされるケースが多いですが、それよりも人間性やコミュニケーション能力の方が評価の対象になる事も多いんですよね。
(希望する職種にもよります)

であれば20代後半、正社員就職にこだわって就職活動をした方が良いという考え方も出来ます。

どうしても資格取得をしたい、というのであれば就活と並行してが良いでしょう。
資格勉強中であれば、取得はしていなくてもアピールは可能ですし、就活のための時間を無駄にする事もありません。

30歳を前にして避けたいのは、時間を無駄にしてしまう事です。

可能な限り、就職活動のための時間を優先される事をオススメしたいと思います。

⇒ 20代向け 就職支援サイト




キーワード