20代後半フリーター、正社員就職するには
20代後半 フリーター就職支援 > ニート就職支援 > 20代後半 ニートから正社員になるには

20代後半 ニートから正社員になるには


20代後半ニート 正社員就職

20代後半ニート 職歴なしからの正社員就職

20代後半、ニート
30代になると正直、かなり就職は厳しくなってしまいます。

引きこもりの状況、本人がどれくらい働く気力があり、実際に行動できるかなどにもよるのですが・・・

20代であればまだ正社員として就職する事は可能です。
求人もまだまだ見つける事が出来ます。

フリーターや既卒、ニートといった人達の就職支援を行っている就職エージェントの方に実際に聞いていますから、働く意欲がある方は相談をしてみてください。

ここでは20代後半、ニートから正社員就職を目指す事が出来る就職支援サービスをご紹介しています。

さらに引きこもりの状況が厳しい場合には、支援団体に相談をされた方が良いケースが多いようです。

しかし、そうした支援団体でも30代、40代となると厳しくなってしまう状況はあります。

企業としてもさすがに受け入れは20代、30代前半まで、といったところが多いためです。

ずっとニートでいることは出来ません。
将来、本当に詰んでしまいます・・・。

正社員として仕事に就かなければ、とお考えで行動(就職活動)が出来るニートの方は、就職支援サービスを利用して就職先をお探しになってみてください。

やる気のある方は、ちゃんと求人を紹介してもらう事が出来ます。

ニートからの就職実績あり、就職支援サイト

例えば、当サイトでは20代向け正社員就職支援サイトとして、

⇒ DYM就職

⇒ 就職shop

⇒ ジェイック

⇒ ハタラクティブ

などをご紹介しています。

いずれにニートの方の就職支援実績あり就職支援サービスです。

いずれも特徴が異なりますが、ニートの就職支援ということで求人紹介が受けやすいのはハタラクティブかなと思います。

中卒OKの正社員求人もありますし、ニートでも働く意欲をアピールできれば十分に就職先が見つかるそうです。

ハタラクティブも含め、上記のようなフリーター、既卒、ニートといった方の就職に特化した就職支援サービスを利用する場合、応募する企業ごとに詳細な情報をもらえますし、入社してからの仕事内容なども事前に詳しく教えてもらう事が出来ます。

不安を少なく就職先を探す事が出来るのは、気持ち的に楽ではないでしょうか。

入社してからどんな仕事、同僚、上司がいて職場の雰囲気に馴染めるかどうか、などは心配なニートの方も多いのではないでしょうか。

そうした「職場の詳しい情報を事前に教えてもらえる」ことは就職支援サービスを利用するメリットの一つと言って良いでしょう。

自力での就職活動よりも事前にたくさんの情報を得ることが出来る就活の仕方となりますので、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

20代後半 ニートから正社員になるには

職歴なしからの正社員就職
20代後半 ニートから正社員としての就職を成功させるには、

働ける事、仕事への意欲をアピールすることが大切

です。

あなたが就職に対して不安を抱えているのと同様に、企業も不安を持っています

「採用しても、辞めずに働ける若者なら採用したい」

ニート歴もそうですが、空白期間が空いている求職者へは「しっかりと長く働ける意欲を示して欲しい」と考えている事が多いそうです。

ニートだから就職出来ない、という訳ではなくて、そうした働く意欲を上手くアピール出来ていないために不採用になる事が多いといえるでしょう。

企業がどういったことを考えているか、何を求めてあえて職歴なし・社会人未経験の若手人材の中途採用を行うかを考えながら就活準備を進めていくと、より内定率が上がると言えます。

そうした就職成功のためのアドバイスをしてくれるのが、就職支援サービスとなります。

⇒ ニートからの就職実績あり、就職支援サイト

20代後半ニート、空白期間への質問はどう答える?

20代後半でニート、というと空白期間が少なからずあると思います。

少なからず、という年齢的に考えて3年、4年といったニート歴、ブランク期間がある方も多いかもしれませんね。

空白期間が長い場合、確実に面接で質問されるのが「ブランク期間、何をしていましたか?」といった質問です。

なぜブランク期間が空いてしまったのか。

「何もする気にならなくて・・・」

もしかすると、本当に素直に答えるとこうした回答になるニートの方も多いかもしれません。
しかし、余り素直に答えすぎてしまってもいけない質問です。

ここで面接官が知りたいのは、仕事に対しての意欲、積極性です。
そして、ブランク期間が長い事に対しての答え方です。

多くの求職者の面接をしてきた面接官は、大体の答えは予想済です。

3年のブランク期間があったとして、さすがにずっと自分に合う仕事を探していた、という答えは無理があります。

素直にブランク期間が空いたことを認めた上で、その期間中にしていたことでアピールに繋がる事は言うべきです。

短期間でも就職するために資格取得のための勉強をしていた、アルバイトをしていた、など。
また、ブランク期間が長く空いて自分を反省した上で、これからどう働いていきたいか、仕事を通してどんな風に成長していきたいか、など将来的なことに繋げていく答え方がポイントと言えます。

良く見せようと思って嘘をつくことだけは、絶対に避けてください

ブランク期間の長さを考えると、嘘はすぐに見抜かれると考えて良いでしょう。

20代後半 まだまだ就職できる年代

20代後半、ニートだから就職できない、という訳ではありません。

実際、たくさんのニートの方が行動して正社員として就職に成功されていますからね。

様々な就職支援サービスがありますが、いずれもニートからの正社員就職のために活用する事が出来ます。

新卒時の就職活動に失敗してからずっとニート、といった方など空白期間が長い方も就職は可能です。

20代であれば就職のチャンスを得る事は出来ますが、1歳年を取るごとに就職が厳しくなる事を理解しておく事は大切です。

企業の立場とすれば、29歳よりも25歳の未経験者を採用したいと考えるのは、ごく自然な事です・・・。

年齢によって期待するものは違います。

就職してから仕事を覚えて、活躍してもらえるまでにも時間がかかりますからね。

少しでも若い人材を採用したい、というのは未経験者採用においては企業の本音といえるでしょう。

20代後半、ニートからの正社員就職を目指す場合には少しで早く就職先が決まるように、本気で就職活動に取り組まれる事をオススメします。

将来、本当に人生詰んでしまわないように。
自分に合った、働きやすい仕事・会社を見つけて就職先として選びたいですね。

そのための情報源として、ニートも含め20代未経験者の正社員就職支援に特化してる就職支援サイトの活用がオススメです。

⇒ ニートからの就職実績あり、就職支援サイト




キーワード