フリーター脱出のために就職活動
フリーター就職支援 > 20代フリーター就職 > 20代後半だって就職できる!

20代後半だって就職できる!


20代後半 就職

20代後半で正社員に就職するには

20代後半から正社員就職を目指す方向けに、成功率が高い就職支援サイトを中心にご紹介をしています。

26歳、27歳、28歳、29歳、もしかするともうすぐ30歳、ギリギリで就職を間に合わせたい・・・という方もいるかもしれません。

大学を卒業後、やりたい仕事も特に無かったのでとりあえずフリーターに。
フリーターになってから気がついたら3年、4年と経っていてといった方。

新卒で就職したものの退職。
それからは再就職せずにフリーターを続けている、といった方もいると思います。

でも、もう20代後半。そろそろ正社員として仕事に就かないと・・・

20代前半ほど若さも無い、どちらかというと30代に近いということで正社員就職に対して焦りを感じている方も多いのでは、と思います。

20代後半でも就職は可能です

しかし、やみくもに求人サイトやハローワークを利用して未経験OKの正社員求人に応募をしても、内定を得るのは難しいでしょう。

やはり興味の持てる仕事、働きたいと思った会社に狙いを定めて、求人へ応募をする事が大切です。
でなければ、アピールできる志望動機は作れませんよね。

20代後半フリーター、既卒から正社員就職する事は可能です。

しかし、そのためにはしっかりとした情報収集、応募書類や志望動機の作成、面接対策など就職活動の準備が重要となってきます。

「でも、自分ではそこまでしっかり準備するのは不安がある・・・」

「実は就活は初めて。就職活動のはじめ方もよく分からない・・・」

といった方もいるかもしれません。

そうした方も含めて、20代後半からの正社員就職を目指すには次にご紹介するような就職支援サイトの活用がオススメです。

20代後半からの正社員就職こそ、就職支援サイトの活用がオススメ

20代であればチャンスはまだまだあります。

求人サイトを利用して探す事も出来ますが、より適性のある仕事を探しやすい、就職エージェントの方からの推薦など得てよりアピールできる可能性がある就職支援サイトの活用がオススメです。

⇒ オススメ フリーター就職支援サイト

人手不足に悩む特に中小企業は多く、採用に関して20代であれば未経験者(フリーター、既卒、大学中退)を採用して育てよう、という考え方にシフトしてきている企業は多いといって良いです。

大手企業は新卒採用でも十分な人材を確保することができますが、知名度が低い中小企業の場合には、新卒採用も応募が集まらない事も多く、即戦力の中途採用も思うようにいかない事が多いため、近年はフリーターや既卒など職歴なし・社会人経験なし若手の採用にシフトする傾向が強まっています。

20代後半フリーターの方もポテンシャル採用されるケースは多いですから、経験が無いから正社員就職はできないのかな・・・と悩まず、自分に合っていそうな仕事、20代未経験歓迎の企業ヘは積極的に応募をされる事をオススメします。

そうしたフリーターや既卒、大学中退といった20代の未経験者を歓迎する企業が集まっているのが、

⇒ フリーター就職支援サイト

となります。

就職活動、自力で頑張るよりもサポート・求人紹介を利用した方が成功率が高いです

就職活動の方法はいくつもありますが職歴が無い場合、なかなか思ったように就職活動が上手くは進まないものです。

書類選考で落ち続ける方も多いのではないでしょうか。
内定を獲得するには、面接を突破しなければなりませんからね・・・。

20代後半から正社員就職を成功させるには、専門的にノウハウを蓄積し、20代向け未経験歓迎の正社員求人を多く所有する就職支援サイトを活用する方法がオススメです。

通常の求人サイトを利用した場合、様々な応募者と比較をされる可能性があります。
中には、即戦力となるような経験者と比較される場合もあるでしょう。

そうなると、職歴なし・社会人経験なし20代後半フリーター、といった方は不利になってしまいます。

就職支援サイトを利用して人材採用を行う企業は、求職者の多くは未経験者、フリーターや既卒、大学中退といった方である事を理解した上で中途採用を行っています。

最近では書類選考無しで面接が受けられる就職支援サイトも増えていますから、就活をより効率よく進めていく事ができるようになっています。

また、就職アドバイザーやコンサルタントは企業ごとの詳しい情報を持ち、求職者に提供してくれます。

面談を通して、この求職者にはこの仕事の適性がありそう。
あの会社の採用担当者が欲しがっている人材に近いのでは?

と言った事を考えながら、紹介できる求人を探しています。

内定率の高い就職活動をフリーターや既卒からするのであれば、こうした就職支援サイトの活用が欠かせない、といえるのではないでしょうか。

企業側の不安を解消できるような志望動機の作成もポイント

面接では企業側にもある、採用への不安を解消することも重要なポイントです。

やはりフリーター歴(ブランク期間)が長い求職者に対しては、

・働く意欲
・採用して、すぐに辞めてしまう可能性

を疑問視したり、不安に思っている部分は少なからずあります。

そうした不安を打ち消すように、ポジティブな面接内容にしていく事も内定獲得のための重要なポイントといえますね。

・長く働きたい理由
・将来のビジョン

すぐに辞める心配は無い、ということを面接の受け答えで伝えていく事も重視されると良いです。

応募する企業ごとに面接対策は変える事が大切です。

そのために必要な情報は、企業の採用担当者や経営層と情報共有を行っている就職エージェントを利用して得る方法がオススメです。

20代後半、就職できないと悩む前に

20代後半、就職のための方法として成功率が高い就活方法をご紹介いたしました。

職歴なし・社会人経験なし、20代後半。

もし、30歳を超えてしまうと応募出来る求人数が減り、正社員就職の可能性も狭まってしまいます。

ご紹介したフリーター向け就職支援サイト多くは20代限定です。

⇒ オススメ フリーター就職支援サイト

20代後半、もう時間がないと焦りを感じている方も。

まだ30歳までには時間はあるけれど、できるだけ早く正社員として仕事に就きたいという方も。

正社員就職を希望されている方は、ぜひ就職に関して相談をしてみてはと思います。




キーワード