職歴なしからの正社員就職
フリーター就職支援 > 20代フリーター就職 > 20代でフリーター脱出した方が良い理由

20代でフリーター脱出した方が良い理由


20代でフリーター脱出、正社員就職した方が良い理由

20代でフリーター脱出した方が良い理由

フリーターを脱出するなら20代です。

30代になると、それまで(20代だった頃)と比べて圧倒的に就職が厳しくなるといって良いでしょう。

フリーターの方の場合、高校や大学卒業後、中退後に一度も正社員就職したことがなく職歴なし・社会人経験なし、といった方も多いと思います。

その場合の職探しは20代でなければ難しいのです。

その一番の理由は、未経験者採用は29歳までとしている企業が大部分だからです。
要は、求人が見つかるうちに就職した方が良いです、ということになります。

20代フリーター職探しに強い、おすすめ就職サイトとしていくつかオススメをしていますが、その中でも当サイト経由でご登録が多いのは、

⇒ DYM就職

⇒ ジェイック

です。

こうした20代のフリーター就職支援に強く、多くの実績がある就職支援サイトを活用して、早期にフリーター脱出を目指してみる方法もオススメです。

フリーターのまま30代になったら就職できる?

もし、フリーターのまま30代を迎えてしまったら、就職はできるのでしょうか?

答えは「就職はできます」。

ただし、就職はできるのですが職業の選択しなどは非常に狭くなってしまいます。
きっと、希望されるような仕事に就ける方はレアではないでしょうか。

「やりたい仕事ではないけれど、正社員になるためには仕方ない」

「30歳以上、未経験でも応募出来る仕事は、地元ではこの仕事しか見つからないから・・・」

20代後半、フリーターから正社員就職を目指す時もある種感じているかもしれませんが、見つかる求人から選ぶしかないという状況がさらに強まるのが30代フリーターの就職活動といって良いかと思います。

営業の仕事、工場の仕事、介護の仕事、飲食、建設。

地方にお住まいの場合には、ハローワークを利用しても正社員求人が見つからなく、契約社員や嘱託職員の求人しか見つからない、といった可能性もあります。

職歴なし・社会人経験なしフリーターから正社員就職するチャンスは、20代が多く得られるのが現状と言えます。

フリーターにはボーナスも無く、退職金も無い

フリーターとして働いていると、当然ですがボーナスも無く退職金もありません
(寸志はあるかもしれませんが・・・)

実は、会社としてはボーナス支給も退職金支給も義務では無いのですが、大抵の企業では1年に2回(3回の企業もあります)のボーナス、退職金がありますね。

フリーターは何年働いていても、そうした一時金はありません。

長くアルバイトしていれば、辞める前に店長や上司がご飯をおごってくれたりはするかもしれませんが・・・それすらも稀ではないでしょうか。

アルバイトはアッサリと辞めることになります。

フリーターの時給は何歳になっても、ほとんど上がらない

フリーターとして長く働いていても、時給ってほとんど上がりませんよね。

アルバイト歴1年目、アルバイト歴5年目。
時給の差が100円くらい、と言った事はよくあります。

1年働いたから時給アップする、といった保障はありません。
ずっとその地域の最低賃金、というバイト先もあると思います。

東京や大阪など顕著にアルバイトの争奪戦が起きているエリアだと、時給1,100円、1,200円といった高時給でバイト募集がたくさん見られますが、採用された後はあまり時給アップはしないのではないでしょうか。

30歳になっても、40歳になってもほとんど変わらない時給。
それってつまり、月収・年収もあまり変わらないことを意味します。

フリーターの平均年収は約150万円と言われます。

30代、40代で年収150万円では結婚は無理ですし、自分の老後資金も貯められないですよね。

将来に対して不安しかありません。
就職できなかった場合、フリーターとしての末路を考えてしまう自分がいる・・・かもしれません。

フリーターは経済的な安定が無い

フリーターは時給で働きます。
休んだら、給料はもらえません。

有給付与の条件が満たせていれば、半年後から有給がもらえますがアルバイトやパートでも有給休暇が使えるのを知らない方も多いのではと思います。

経営者も積極的に有給休暇の事って言わないですからね。

アルバイトには働いて欲しいんです。
働いてくれたら、その対価として時給を支払いたいのですよね。

また病気などで長期に休む事が必要になった場合、基本的には辞めることになると思います。

さらにはその月のシフトも変動しやすく、安定して収入が見込めないフリーターの方も多いのではないでしょうか。

「○○さんが今月出番多くしたい!と強くいうので君のシフト、ちょっと減らさせてもらったから」

そうした事も普通に起きるのがアルバイトです。

フリーターは何歳まで許される?何歳までが限界?

フリーターは何歳までが限界?というと、

「アルバイトが見つかる限り」

となりますので40代でも50代でもフリーターは可能です。
ただし、中年フリーターの末路は悲惨としかいえません。

それは避けたい、という人が多いでしょう。

正社員になる事が出来る年齢を前提として、フリーターは何歳までが限界?

となると、やはり29歳までという答えが導かれます。

その理由はやはり、

「未経験OKの正社員求人が29歳までが多いから」

です。

フリーターを脱出して正社員就職を目指すのであれば、こうした現実に合わせて行動しなければならないと思います。

20代後半、難しくなるフリーターの就職活動

20代前半と、20代後半では就職活動の難しさも変わってきます。

職歴なし20代後半の就活はかなり厳しいと考えておくべきです。

就職支援サイトに登録される方で20代後半フリーターやニートの方で、半年~1年以上も自力で就職活動をして内定がもらえなかったので登録に来た、という方は一定するいると言います。

1年もの期間、就職活動をするのはとても大変です。

不採用が続く事を想像しただけでも気持ちが凹みます。

フリーターから脱出、正社員就職するために今は良い方法があります。

他の記事中でもご紹介していますが、既卒・フリーターといった20代に特化しているフリーター就職サイトを活用する方法です。

未経験OKの正社員求人ばかりを扱っていますし、内定を獲得するために手厚いサポートを受ける事が出来ます。

一人で就活をするよりも、高い内定率を期待する事が出来ます。

書類選考無しの就職支援サイトも増えてきていますね。

20代フリーター職探しに強い、おすすめ就職サイト

例えば、当サイトではフリーターの職探しに強い、20代向け正社員就職支援サイトとして、

⇒ DYM就職

⇒ ジェイック

⇒ ハタラクティブ

⇒ 就職shop

をご紹介しています。

それぞれ特徴があるのですが、幅広い業界・職種、大手企業も含めて就職先を探しやすいのが、

・DYM就職
・ハタラクティブ

です。

サポートの手厚さであれば、

・ジェイック

求人数の多さでは、

・就職shop

をオススメします。

それぞれで拠点があるエリアが違いますので、できれば利用可能な拠点・面談会場がある就職エージェントを活用される事をオススメします。

ジェイックは就職支援講座に参加することが必須ですから、通えないと利用できません。

就職shopも面談が必須ですから、店舗に通える事が利用条件となります。

DYM就職は遠方の方も電話やメールで対応してもらえる場合もありますので、相談してみてはいかがでしょうか。
(就職を希望する地域の求人状況などもあります)

ハタラクティブは上京支援などもがありますので、就職先に応じて相談をオススメします。

最も利用されているフリーター就職支援サイトとしては、DYM就職となります。

フリーター脱出、20代で正社員就職を目指すのであれば、こうした就職支援サイトの活用を強くオススメいたします。




キーワード