就職活動で落ち込むフリーター
フリーター就職支援 > 20代フリーター就職 > 職歴なし20代後半、正社員で採用される方法

職歴なし20代後半、正社員で採用される方法


職歴なし20代後半からの正社員就職

20代後半、職歴なしフリーター・ニートが就職するには

20代後半で無職、職歴なしフリーター・ニートといった方の場合、就職に焦りを感じている方も多いのではと思います。

30歳が見えてきて、さすがに就職しなくては・・・と思う事も増えてきた。

しかし今まで就職した事がなく職歴なし。
資格、スキルも特に無し。

こんな状況からでは大手企業への就職はもちろん難しく、ブラック企業くらいしか就職先はないのでは・・・?

とふと不安になる事も多いのではと思います。

20代後半、職歴なし

年齢としても、経歴としても、就職を考えた場合には確かに不利と言えます。

しかし、そうも言っていられません。
避けていてはさらに年を重ねてしまいますから、就職活動に取り組まなければなりませんよね。

職歴なし20代後半から正社員就職を目指す方の中には、既卒や大学中退など色々な経歴の方がいると思うのですが、20代前半の頃はまだ就職する事に焦りを感じなかった方も、20代後半ともなるとやはり仕事探しついては焦る事が多くなってくるのではないでしょうか。

焦りを放っておいても、軽減する事はありません。
このタイミングでしっかりと自分と向き合って、正社員就職を目指して就職活動をされることをオススメしたいと思います。

職歴なし20代後半の就活は、就職成功率の高い就職活動の方法を選ぶ事が大切

職歴なし20代後半の就活。

20代後半といっても26歳の求職者の方と、29歳の方では時間的な余裕が全然違いますよね。

就職活動に使える残り時間が少ないと感じている場合、どういった就活の仕方を選ぶと良いでしょうか。

就職のために出来るだけ遠回りをしたくない場合には、就職成功率の高い就職活動の方法を選ぶ事が大切となります。

職歴なしフリーター・ニートが求人を探す方法

ハローワーク

フリーター・ニートから就職するために正社員求人を探す方法としては、

・ハローワーク
・求人サイト
・就職支援サイト

などが主となります。

アルバイトから正社員登用を目指すのはあり?

アルバイトから正社員登用を目指す、という方法もありますが時間が必要という事と、確実に正社員登用される保証がないことからあまり期待してはいけないと思います。

もちろん、当初の見込み通りに正社員登用される事も多いです。

しかし、正社員登用が嘘だった、とは言いませんが試用期間中に経営状況が悪化し正社員登用を見合わせる事になった、といった可能性も考えられます。

例えば正社員登用が多いフード業界などは、特に経営状況が変化しやすい業界です。

年齢的に、27歳、28歳、29歳といった方の場合には、正社員就職を目指して就活に取り組まれる方法が確実性があり良いのではと思います。

就職成功率が高いのは、就職支援サイト

脱フリーター・ニートを目指して就職活動をする場合、応募する求人は「未経験歓迎」の正社員求人が中心となります。

そうした未経験歓迎の正社員求人が見つかりやすく、就職成功率が高い就活ができる方法としては、

就職支援サイト

の活用がオススメとなります。

これまでにも多くのフリーター・ニートをサポートしてきた就職アドバイザーやコンサルタントが、選任の担当としてあなたを就職成功までサポートしてくれます。

面談を通してミスマッチの無いように求人紹介も行ってもらえますし、応募企業に合わせての面接対策、模擬面接もできます。

日頃から企業担当者の情報を得ていますから、非常に詳しく入社後の仕事、職場の雰囲気、社風、待遇などについて知る事が出来ます。

面接内容、傾向についても把握しているのは就職成功のための強みといえますね。

就職支援サイトの中には、書類選考無しで面接というところも少なくありません。

DYM就職やジェイック、就職shopなどは書類選考無しとなります。

⇒ オススメ フリーター就職支援サイト

それに伴って選考期間も短くなる可能性がありますから、出来るだけ早く就職したいといった場合にも、相談をしてみてはと思います。

スケジュール調整など、相談可能な場合もあります。

就職できない、28歳、29歳の就職活動はどうする?

フリーターを辞めて、正社員になりたい
今までずっとではないかもしれませが、就職活動をしてきたものの・・・就職できないでここまで来た、というフリーター・ニートの方もいるかもしれません。

もし就職活動を一人で行ってきたのであれば、サポートを利用して就活をすることで自分では気づかない修正ポイントを就職支援サイトのアドバイザーから指摘してもらえる可能性が高いです。

ハローワーク 職業訓練コースなどで学ぶ方法も

また、就職支援を利用して仕事探しをしてみたけれど、どうしても就職できない・・・といった経験を持つ20代後半の求職者の方は、ハローワークのトライアル雇用求人を探してみたり、職業訓練で学んでみたりと今までとは就活の仕方を変えてみる事もお勧めです。

20代の方は十分、職業訓練校で学んでからでも就職先を決める事は可能ですよ。

30代の方も学んでいる場合も多いですからね。

職業訓練コースとしては、

・プログラミング
・WEBクリエイター・WEBデザイン
・CAD
・ビルメンテナンス
・自動車整備
・介護
・DTPオペレーター
・造園

など自治体によって職業訓練コースの内容なども変わりますので興味がある方は調べてみると事をオススメします。

20代後半で職歴なしは、終わりではありません

20代後半、職歴なしから正社員就職を目指すのは確かに大変です。
しかし20代、29歳まではまだまだ未経験OKの正社員求人が見つかる年齢ですよ。

ここで一旦就職を諦めてしまうのはオススメ出来ません。

その間に30歳を迎えてしまうといったことでもあれば、就職はさらに厳しくなってしまいますからね。

利用する求人サイト、就職支援サイトも複数活用して、より多くの情報を得て就職を目指す方法を採っても良いかもしれません。

また、サポートありの就職支援サイトを活用して内定率の高い就職活動をするのもオススメです。

職歴なし20代後半からの仕事探しである場合、あなたにあった求人を紹介してもらうのが近道といえます。

企業研究に必要な情報もありますし、人事担当者から情報を得ているためどんな人材を採用したいかも把握しています。

フリーター・ニートから就職をする上で、こうしたサポートは非常に効果的といえると思います。

⇒ オススメ フリーター就職支援サイト

20代の間に無職、フリーター・ニートから脱出する

ここまでお伝えしてきたように、職歴なしから正社員就職するのは大変です。

しかし、就職支援サイトを利用する方法であれば自力での就活よりも高い就職成功率が期待出来ます。

自分で探すか、就職支援のプロに紹介をしてもらうか。

就職支援サービスを利用する場合にも、求人を選び過ぎない、などのポイントはあります。

地域的に、東京都はバランスよく様々な業界・職種の求人が見つかりやすく、地方都市は営業職の求人が多い、といった傾向は見られやすいです。

まずはどういった職種の求人紹介を受けられるかなどを、問い合わせをされることをオススメします。

フリーターを続けるにしても、昔から区切りの年齢として27歳、28歳を考えていた方も多いかと思います。

実際にその年齢になってもまだ職歴なしフリーター、といった場合、

「そろそろ正社員にならないと・・・」

という気持ちから就職活動に取り組まれる方も多いのではないでしょうか。

20代はその後の年代と比べると、やはり正社員就職の可能性がとても高いです。
間違いなく、職歴なし・未経験からでも就職しやすい年代です。

諦めずに就職活動を行い、20代の間にフリーター・ニート、無職といった状況から脱出できるようにぜひ行動をしてみて頂けたらと思います。




キーワード