フリーター 就職支援サイトの活用
フリーター就職支援 > フリーター就職支援サイト > 既卒・フリーターに特化した就職支援サイトのメリット

既卒・フリーターに特化した就職支援サイトのメリット


フリーター 就職支援サイト メリット

既卒・フリーターが有利に就職活動をするには

高校や大学などを卒業後、フリーターとなって働いている方も多いですよね。

就職活動に失敗してフリーターとなった方。

特にやりたい仕事もなかったので、就職活動をしなかった方。
(私はこれに当てはまります)

ミュージシャンや俳優、アーティストといった夢を追いかけるためにフリーターをしている方。

様々な理由からフリーターとなって働いている方は多いと思います。

とはいえずっとフリーターでいるのではなく、いつか正社員就職しなければ・・・と悩んでいる方も多いと思います。

特に、新卒での就活に失敗した人は就職に対して焦り、不安を感じている方も多いのではないでしょうか。

正社員として就職しよう

と思った時、既卒やフリーターの方が取ることが出来る就職活動の方法はいくつもあります。

ハローワークに就職相談に行かれる方も多いかもしれませんね。

まず最初に求人サイトを利用して地元の正社員求人を調べる方も多いのではと思います。

しかし、既卒者やフリーターの就職成功率で考えていくと、オススメはフリーター就職支援サイトの活用です。

遠方でも電話やメールでサポートをしてくれる就職支援サイトもありますので、地方にお住まいの方でも就職を希望するエリアが都市部、対応エリアの場合にはぜひ活用される事をオススメいたします。

既卒・フリーターに特化した就職支援サイトを活用するメリット

既卒・フリーターに特化した就職支援サイトのメリット
既卒・フリーターに特化した就職支援サイトを活用するメリットは、最も大きなメリットと考えるのは、

既卒・フリーター歓迎、未経験OKの正社員求人だけを紹介してもらえること

ではないでしょうか。

ちなみに、就職成功率の高い就職支援サイトを、

⇒ 20代向け 就職支援サイト

でご紹介をしています。

こちらも後からご覧いただければと思います。

未経験OK正社員求人の紹介

就職支援サイトの活用の大きなメリットである、正社員求人紹介。

未経験OKの正社員求人を担当コンサルタントから紹介してもらえるのですから、自分で1時間、2時間かけて求人を探す必要が無い、ということです。

求人サイトで探しても、自分に合っている仕事などが見つからない事もありますよね。

時間を無駄にした感が強く、収穫が無い日(応募したい企業が無い日)もあります。

就職支援サイトを活用した場合、何らかの求人を紹介してもらえます。

もちろん気に入らない場合には応募しなくても良いですし、違う企業を探してもらうことも可能です。

応募書類の添削

履歴書、職務経歴書の添削、書き方のアドバイスなどを受けることが出来ます。

履歴書の書き方も最初は分からないですからね。
こうしたアドバイスが受けられる事で、かなりの時間短縮になります。

企業の詳細な情報

自分で調べるよりも詳細な企業の情報をもらう事が出来ます。

なにせ、コンサルタントの方が直接企業へ取材に行っているため、企業の「生」の情報を教えてもらう事が出来ます。

就職支援サービスによっては、上司の性格、入社してからの飲み会の話なども聞けるようです。

職場の雰囲気、残業の状況、有給休暇、休日数、入社後のキャリアなど、働くにあたって気になる事をしっかり確認する事が出来ます。

これにより、就職のミスマッチを減らす事が可能です。

面接日程の調整

フリーターでアルバイトが忙しい方は、面接日程の調整も助かりますよね。
自分でする必要が無く、担当コンサルタントの方が企業と調整をしてくれます。

出来る限り面接を優先して、就活のスケジュール調整をしたいですね。

面接対策

面接対策
書類選考が通ったら、面接があります。

(書類選考なしで面接が受けられる就職支援サービスもあります)

面接では既卒やフリーターに対しての定番の質問があります。
そうしたほぼ必ず聞かれる質問に対しての答えや、予想される質問、志望動機の話し方、言葉遣い、面接のマナーなどアドバイスを受ける事が出来ます。

面接のマナーなどは自分一人では失敗しそうですから、助かる方は多いのではないでしょうか。

不採用の場合には理由のフィードバック

一人で就職活動をしていると得られないのがコレです。

万が一、不採用の場合には理由のフィードバックをしてもらう事ができる場合が多いです。

それによって、次の企業への応募に活かす事が出来ます。

不採用が続く人は、大抵同じ失敗を繰り返しているとも言いますから、少しずつ内定獲得に向けて改善をしていくことが出来るのは、とても大きいのではと思います。

入社日の調整

アルバイト先を辞める、退職するにしても人が補充できるまで難しい事もありますよね。
あまり入社日を先延ばしするのは難しいですが、調整も代行してもらえます。

退職日などは早めにアルバイト先に相談する事にしましょう。

入社後のサポート

就職支援サービスによっては、就職して働き始めてからのサポートもあります。

就職がゴールではなくて、働き出してからも大変なことって多いですからね。
早期離職を防ぐ事も重要

せっかく既卒、フリーター、ニートといった状況から脱出して正社員就職しても、早期離職しては意味がありません。

むしろその後の就職、人生へのリスクを大きくしているだけともいえます。

就職支援サービスを利用する場合、こうしたようなメリットがあります。

自分一人で就職活動をするよりも、成功率の高い就職活動が出来るのは間違いないといえるでしょう。

私の就職体験談、フリーターを脱出するきっかけ

アルバイトは仕事を覚えさえすれば気楽に毎日を過ごすことが出来ます。

私は大学卒業後、25歳まで実家暮らしでフリーターをしていましたが、毎月の手取りで12万円~14万円。

実家暮らし、男性フリーターの小遣いとしては十分ですよね。
車を買ってローンの返済、趣味に数万円を毎月遣うなど、今考えたらとても勿体ないお金の使い方をしていましたね・・・。

でも、自分なりに忙しく充実していた気がしていたんです。

しかし、フリーターを続けていても将来が無い。
と言う事に急に気がつきました。

きっかけは、街でバッタリ会った友人です。

スーツに身を固め、外回り。商談があると言い、すごく、しっかりして見えました。

対して私はヨレヨレのシャツに、短パン、ビーサンでアルバイトへ出勤途中。
毎日同じアルバイト内容、変わらない時給、月収・・・

お互い教え合ったSNSで見る、充実している友達の生活。
結婚して子供がいて成長に喜ぶ日々。
仕事からの気付きも時々書いてあり、とても私には真似が出来ません。

それに比べて私のSNSはコンビニのおやつ、趣味の事、アルバイトの愚痴など。
発展がありません。。時間帯も深夜。

急に「このままだとヤバい!」と思いました。

フリーターの末路なども調べて、自分なりに危機感を持つことで就職活動をしなくてはいけない、といったところへ追い込む事にしました。

なにせフリーターは毎日が気楽ですから、追い込まないと真剣に就職活動を続けない気がしたのです。
元のフリーター生活に戻りそうで。

それから半年かかりましたが、なんとか元々興味のあったプログラマーとして正社員就職をする事が出来ました。

IT業界は人手不足で未経験OKの正社員求人が多いですからフリーターからの就職先としてもオススメです。

大卒フリーター、職歴なし・未経験。フリーター期間4年からの正社員就職は簡単ではありませんでしたが、フリーター就職支援サイトを活用。

コンサルタントの方から様々なアドバイスを受けながら諦めずに就活を続けた結果、内定獲得。

正社員として働く事は仕事を覚えるのも大変ですし、次から次へ解決しなければならない事も発生し大変です。

でも、フリーターの時よりも毎日が充実していますね。

今、フリーター、ニートといった方もぜひ就職に成功して正社員としてキャリアをスタートしてみて欲しいなと思います。

フリーターをずっと続けていると、それこそフリーターの末路で見られるような生活が待っていると思います。

途中から、抜け出したくても抜け出せなくなるでしょう。

フリーターを脱出、正社員就職するなら20代の間、というのは間違いないと思います。

⇒ 20代向け 就職支援サイト




キーワード