大学中退後、就職できない!
フリーター就職支援 > 大学中退フリーター就職 > 大学中退 就職できない!と困っている方へ

大学中退 就職できない!と困っている方へ


大学中退 就職できない

大学中退 就職できない!と困っている方へ

大学中退後、就職できない!と困っている方へオススメの就職支援サイトについて、後半でご紹介をしています。

大学中退後、フリーターになる前に正社員就職を決めたい。

大学中退フリーターを早く抜け出して正社員就職したい、といった方にオススメです。

ちなみに、当サイト経由で利用されている方が多いのは、

⇒ DYM就職

⇒ 就職shop

となります。

いずれも大学中退者向け正社員求人も多く、就職率が高い就職支援サイトです。

大学中退後、就職活動をしても「なかなか就職先が決まらない・・・」「内定がもらえない・・・」という方もいると思います。
大学中退後、就職できない!
大学中退者が就職しやすいタイミングは、大学中退をした後すぐのタイミングです。

これに関しては周囲の採用担当者や、転職エージェントのコンサルタントの方の話から、応募してきた求職者が大学中退の場合、

「大学を中退してからの期間が短い人を面接したいと考える事が多い」

という傾向が強いためです。

大学中退してから2年、3年と経っている場合の求職者のイメージとしては、

・正社員として働く気がなかった(やる気がなかった)
・就職活動をしていた場合、内定が出ない人材だった

と考える事が多いということです。

特に大学中退ニートに対しては厳しい見方をする事が多いようです。

いずれにしても、ネガティブなイメージです。

大学中退をしてすぐの就職活動の場合だと、

・働くために行動的な人
・正社員として働くやる気がある人

といったイメージを持っている事が分かります。

もちろん、面接ではいずれも、

「大学中退理由」

「志望動機」

などは質問をしますが、最初に持つ求職者へのイメージには大きな差が生じてしまう可能性が高いです。

大学中退者向け、就職率の高い就職支援サイト

大学中退者は就職活動で不利になる事も多いため、サポートを受けながらの就職活動をオススメしています。

最終学歴が高卒となることもあり、応募出来る求人も限定されがちです。

自分一人で就職活動をする事ももちろん出来ますし、就職先を決められる方もいます。

しかし、多くの方は書類選考で通らない経験をしたり、面接がどうしても上手くいかず内定がなかなかもらえない・・・とモチベーションが維持出来なくなったり、就活に挫折をするといったケースもあります。

就職活動が長期化する方も少なくありません。

また、面接でも確実に聞かれるであろう質問がいくつかありますが、自分では上手く面接準備が出来る方も少ないのではないでしょうか。

就職支援サイトの活用により、苦手な部分も含めて対策などサポートを受ける事が出来ますし、大学中退者向け正社員求人も紹介をしてもらう事ができます。

少し前のデータですが、

参考:独立行政法人 労働政策研究・研修機構「大学等中退者の就労と意識に関する研究」

があります。

この資料によると大学中退した時の学年は男性も女性も「大学2年生」が多い事が分かります。

19歳、20歳といった大学中退者が多いという事になりますね。

20歳前後であれば、大学中退後にすぐ就職活動をすると正社員就職できる可能性は高いと言えます。

大学中退後、

「仕事をどうしよう」

「就職活動をしなくては」

と考える方も多いと思います。

その際、就職成功率の高い就職支援サイトの活用がオススメです。

大学中退者はブランク期間が長くなるほど、就職活動が不利

大学中退をして就職活動のスタートが遅くなると、その期間はブランク期間(空白期間)になります。

ブランク期間に関しては、必ず面接で「何をしていたのか」聞かれますが、答えにくいと思います。

実際、特に何もしていない場合もありますからね。

例えば、単発バイトをしてお小遣いを稼いで、またニート生活をして・・・と繰り返していた場合なども、正直伝えにくいです。

当然、答えられないと面接での評価も低くなる可能性がありますし、答えた内容によっても評価が低くなる可能性があります。

いずれにしても、、ブランク期間が長くなる事で面接では不利になる可能性が高い、といえます。

ブランク期間が長くなる事で、その間に年齢が増えてしまう方もいるでしょう。

職歴なし・未経験からの正社員就職は、若い方が有利です。

浪人、留年した経験がある大学中退者の方の場合、既に他の人よりも年齢が上である可能性が高いです。

その分だけ、就職活動が厳しくなるということは理解する事が大切といえます。

大学中退者の就職活動は、出来るだけ早くスタートすることも重要ですし、期限を決めて就活に集中して取り組む事も重要です。

大学中退者の就職、早期離職しないように情報収集をしっかりと

大学中退者の就職活動
大学中退者の就職の場合、先ほど参考に見た、独立行政法人 労働政策研究・研修機構「大学等中退者の就労と意識に関する研究」によりますと、

「男女ともに、大学等中退者では1回の正規雇用の時間が短く、従業先変更も起こりやすい」

という事が記されています。

要するに早期離職、転職です。

ミスマッチ、合わない仕事に就いてしまう、大学中退と同様に途中で辞めてしまうという事は、次からの転職が難しくなる事も意味します。

20代で2回目の転職、3回目、4回目の転職と回数が増えれば増えるほど、転職成功率が下がります。

その度に職種の選択肢も減ってしまいますから、さらに希望しない仕事に就く事になり、また退職・・・といった事にもなりかねません。

大学中退者の就職活動は、しっかりと情報収集を行い自分に合った仕事・会社を選ぶことに時間をかける事をオススメいたします。

そのためには企業の詳しい情報が必要です。

⇒ DYM就職

⇒ 就職shop

⇒ ジェイック

といった就職支援サイトは担当者が直接、企業へ取材に行き様々な情報を得て、それを求職者に伝えています。

職場の雰囲気、入社してからの仕事、残業、上司になる人の性格、社風、キャリアなど・・・求人票からは分からない会社の情報を得ながら、就職活動を進めていけるのは就職支援サイトの活用の大きなメリットといって良いでしょう。

大学中退者の就職活動には、こうした就職支援サイトの活用をオススメいたします。




キーワード