フリーターを辞めて、正社員になりたい
フリーター就職支援 > フリーター就職 > フリーター辞めたい!そこから正社員就職を目指すには

フリーター辞めたい!そこから正社員就職を目指すには


フリーターを辞めて、正社員になる

フリーターを辞めたいきっかけを利用して、正社員就職

もうアルバイトを辞めたい!

バイト先が実はパワハラ、モラハラが酷い職場だった・・・

シフトもある程度自由ですよ、と面接では言われていたのに人手不足の職場だったらしく、休みが全然取れない・・・

様々なきっかけがあり、今のバイト先を辞めたい!と考えると思います。

新たにフリーターとしてアルバイトを探すよりは、これをきっかけに正社員就職しようかな・・・もっと高い給料が欲しいし、安定した生活がしたい。

土日や深夜にアルバイトする生活ではなくて、平日に働いて土日祝日は休み、週末は休みの生活がしたい!

そうした目標から就職を考えるフリーターの方もいるのではないでしょうか。

実際、どうしてもまだフリーターとして働きたい理由がある場合には別ですけれど、働く事を考えた場合には正社員として就職した方が、この後の人生が様々な面で有利になる可能性が高いです。

フリーターを辞めるなら早ければ早い方が良い!

フリーターから正社員就職を目指す事を考えた場合、早ければ早いほど良いです。

それは、

年齢

から考えてということが大きいです。

フリーターの方の多くは、職歴なし・社会人経験なしの方ではないでしょうか。

高校や大学を卒業後、フリーター。
大学中退後、生活のためにフリーターをしている。

中には夢を追いかけるために時間の自由が利きやすいフリーターをしている、という方もいるかもしれません。

特に20代前半であれば、未経験でも歓迎してくれる企業はたくさんあります。

企業が未経験者の中途採用であれば「若い人を採用したい」と考える理由は

・物事(仕事)を覚えるのが早い
・素直さがある(変なクセが無い)
・若ければ、失敗も許されやすい
・体力がある
・職場の雰囲気も若返る
・新しい考え方を入れてくれる事が期待出来る

など色々とあります。

30代、40代と比べると、やはり20代は変な考え方のクセがなく、仕事を覚えるのが早いと言えます。

これは実際に今、多くのフリーターや無職、ニートの方を面接して採用してきた経験からも言えます。

若い方が、採用してから仕事を覚えるのが早いですし、素直で馬力が利きます
だから、採用したいと考えます。

大企業、中小企業とに関わらず、未経験者採用を行っている場合には、若手のこうした部分を期待して中途採用を行っていると考えられます。

30代フリーター、正社員就職が難しい理由

フリーターを辞めて正社員就職を目指すの場合、30代になるとこうした「未経験者を積極的に採用したい理由」のほとんどが失われます

30代を採用するなら、即戦力

そう考えている企業はとても多いです。

求人サイトを利用して未経験歓迎の正社員求人を調べる事が出来ますが、

29歳と30歳では、見つかる未経験OKの正社員求人数が全然違う

のが現実です。

将来的に、フリーターから正社員就職を考えている方が多いと思います。

であれば、アルバイトを辞めよう!と思った事をきっかけに正社員就職を目指すのも良いのではないでしょうか。

いずれ正社員として働かなければ、将来詰む可能性がとても高いです。

まだ上手くイメージすることも難しいかもしれませんが、30代、40代でフリーター、ニートになってしまっていると、正社員就職はとても難しいのですね。

特に30代後半からは、未経験OKの正社員求人は地域によってはほぼありません。

そのため、日雇い労働者になる人が増え始め、地方に流れていくという構図ができてしまっています。
工場で期間工として働く方も多いようです。

30代でも正社員就職ができない訳ではありませんが、募集される仕事はほぼ決まっていて、選択肢はほとんどありません。

そうした状況が待っている事を考えれば、いずれは正社員就職するのであれば選択肢が多い若い(20代の)うちに、と考えてみても良いのではないでしょうか。

将来に不安を感じているフリーターの方は、そのままフリーターを続けていればさらに不安が増してしまう事が考えられます。

フリーター脱出、正社員就職するための方法

フリーター生活を脱出し、正社員就職するための方法はいくつもあります。

ハローワークを利用しても就活ができますし、求人サイトなら今すぐに利用できますね。

しかし、フリーターの方にとって正社員就職の成功率が高い方法は、

フリーター専門の就職支援サイトを利用する方法

です。

⇒ フリーター就職支援サイト

これまでにも多くのフリーターの方の就職支援を行ってきています。
中には、フリーター歴が長く29歳といった方も正社員就職に成功しています。

様々な支援内容から、職歴なし・社会人経験なしの方が正社員就職に成功するためのノウハウがあります。

また、フリーター歓迎の未経験歓迎の正社員求人も多数あります。

こうしたフリーター歓迎の未経験歓迎の正社員求人ばかりを扱っている事から、情報収集の効率の良さも、就職支援サイトを利用する大きなメリットです。

就職活動のはじめ方が分からなくて・・・

やりたい仕事が特にイメージ出来ないけれど、就職はしたい。情報収集したい

といった方の利用がほとんどだそうですから、気軽に就職ついて相談をしてみてはいかがでしょうか。

仕事探しに迷っている方もぜひ相談して欲しいです、という就職エージェントは非常に多いです。

就職したいけれど迷っている、自分に合った仕事が分からなくて・・・そうした方のサポートをする事が未経験者向け就職エージェントの仕事ですからね。

こうしたフリーター向け就職支援サイトを利用した場合、自力での就職活動よりも倍近く内定率が上がるということも言われています。

フリーターを辞めたい、それをきっかけとして興味のある仕事、適切のある仕事、しっかりと収入が得られる仕事を探してみるのも良いかもしれませんね。

当サイトでは、

⇒ DYM就職

⇒ 就職shop

⇒ ジェイック

⇒ ハタラクティブ

などのフリーター向け就職支援サイトをオススメしています。

利用者が多いのは、DYM就職です。

求人数の多さでは就職shop。

対応エリアの広さ、サポートの手厚さで選ぶのでしたら、ジェイック。

サポートの幅広さ(中卒以上OK、上京支援ありなど)で選ぶならハタラクティブをオススメいたします。

就職先が決まり、バイトを辞めるには

もし脱フリーターを目指し就職活動の結果、見事に内定獲得!したら。

検討して就職しよう、ということで会社に入社の意思を伝えたのであれば、次はバイト先を入社日に先だって辞めることが必要です。
もちろん、円満退社を目指すことが大切ですから、しっかりと手続きを踏んでアルバイトを辞められるようにしたいですね。

アルバイトを辞める事を伝える時期

アルバイトを辞める時には、どれくらい前に店長や上司に伝える必要があるでしょうか。

一般的には1ヶ月くらい前には退職の意思を伝えることがマナーとなります。

新たに人を新規採用しなければならない場合には、人員補充までに時間が掛かります。
また、仕事の引き継ぎがバイト間であるといった場合も、シフトを合わせるなど時間が必要です。

「就職が決まりましたので、今日で辞めます!」

といったことは、これから社会人として働く事を考えても職場に迷惑をかける行動になりますから避ける必要があります。

就職活動を始めるにあたっては、バイト先の上司、責任者に就活を始めることを伝えていたと思います。

あらかじめ就職活動のことを伝えておく事で、内定獲得した後にアルバイトを辞めやすくなる、と言ったことも期待出来ますね。

フリーターが中途採用により正社員として入社する場合でも、1ヶ月程度は待ってもらえるように調整が可能な場合は多いですから、バイト先が人手不足で早期の退職が難しい場合には相談をしてみてはと思います。




キーワード